マッチングアプリでの断り方とは、例文を交えて紹介

出会い・特集

マッチングアプリは出会いがあれば、別れもある。

すべての出会いが自分の好みの相手とは限りません。相手から好意を貰うのは嬉しいけれど、それでも「合わないな」と思う瞬間はやってくるものです。

マッチングアプリでの断り方とは

メッセージのやり取りでデートに誘われた。出会った後に次のデートに誘われた。感触が悪く、出会いを断りたい

「折角、誘ってもらったのに、断りづらいな」と思うのは普通の事です。また、断るにしても相手を傷つけないように気を使い始めると尚更です。

とはいえ自分の中で結論が出ている以上、誘いに乗って引き延ばして良いことはありません。また、出会う気も無いのに相手に自分の”意思”を伝えず期待を持たせるのはやめましょう。

相手に期待や未練を残す様な言葉は、相手の受け取り方一つで次があると勘違いさせてしまいます。

その為に利用したいのがテンプレートです。中にはテンプレートは社交辞令的で相手に悪い気がすると思う人もいるようですが、そもそも社交辞令は人間同士のやり取りを円滑にする為のものです。

相手も社交辞令を受け取って気を悪くするほど、子供ではないでしょう。

断り方のコツ

テンプレートを利用するにしても、断り方のコツは掴んでおいた方が良いでしょう。

断り方のコツは単純でシンプル。自分に原因があること(実際にあろうと、なかろうとそれは問題ではない)をしっかり伝えれば、嫌みにならず綺麗に断る事ができます。

それをふまえて「誰かのせいにしてしまう。」のが綺麗にかつ相手も傷つけず完結させるのが良い方法です。

「誰かとは」、もちろん相手でなく、第三者でもありません。「架空の誰かです」。他に好きな人が出来た。気になる人がいると言われれば、嘘でも本当でも「しかたがないか」となるものです。

この架空の相手に申し訳ないですが恋の相手になってもらい、断るのがベターといえます。

もちろん相手あっての事なので、100点の正解なんてありません。極力相手を不快にさせず、また簡潔に相手の誘いを断る。これだけ注意していきましょう。

出会う前の断り方

意外とメッセージのやり取りの第一感というのは当たるものです。なんか違うなと感じたら、先んじてお断りを入れるのも一つの方法でしょう。

連絡ありがとうございます。しかしながら先日、他の方と縁があり、お断りさせていただきたいと思います。折角連絡いただいたのに申し訳ありません。

出会った後の断り方

非常にテンプレート的ですが、また第三者を立てることで相手をとがめるでもなく、自分を卑下することなく、すくなくとも出会う意思が無いのを簡潔に伝えることができます。

先日はありがとうございました。また、続けてのお誘いありがとうございます。○○さんとの出会いは非常に楽しかったのですが、他の方との縁がありお断りさせてください。

駄目な断り方

駄目な断り方も、複雑に考える必要はありません。相手を落とさない、余計な一言を挟まない、つまり相手に不快な思いをさせてドラブルの火種を作らないのが重要ポイント。

世の中、良い人ばかりではありません。いらぬ一言をメッセージ込めたせいで必要以上に絡んでくる人もいます。もちろん通報するなり、ブロックするなりすればよいのですが、手間の割に相手に響くことは無いし、仮に響いたとして自分に得るものが何もありません。

フェードアウト

もっとも最悪なのが無視です。誘ってくれた相手に失礼というのもありますが、マッチングアプリ上のやり取りとはいえ、それが習慣化して実生活にも影響を及ぼします。断るのも、礼節の練習と思えば良いだけの話。

とはいえ、一度断りを入れたのにしつこく絡んでくるケースもあります。このような場合は、通報するなり無視するなりしましょう。極力返信はするようにすることが肝心です。

相手の欠点を指摘する

出会ってからあまり感じの良い人でなかった場合。不快な思いをした場合など、丁寧に相手の欠点を添えて返信するがいますが、わざわざ相手から反感を買う必要はないでしょう。

自分と価値観が合わない相手と会話を交わしても埋まることのない溝は必ずあるもの。さっと断りを送って関わらないようにするのが最善です。

友達からはじめましょう

時間をかけてもっとお互いの事を知りたい場合に利用するのであれば問題ありません。

しかし、相手の好意から逃げたい場合に都合よく使う人がいます。当然相手は脈あり、脈が無いわけではないと思います。段々疎ましくなってメッセージのやり取りから逃げる様にフェードアウト。

良くあるダメパターンです。わざわざ遠回りで面倒な方法を取るくらいなら、正攻法で断った方がお互いの為です。