背中ニキビを綺麗にしたい。予防のためにできることは

ニキビは顔だけにできるものではありません。特に多くの方が悩むのが背中ニキビです。ニキビができる原因は、乾燥により古い角質が皮膚に残り毛穴つまりを引き起こしてそこにアクネ菌が繁殖することでできるものが多いです。

背中は保湿をするためのケアが自分では難しいことが多く、そのケアを怠ってしまうことでできやすくなるのです。また女性などは髪の毛が長くシャンプーなどの際にそれが背中につき、良く流し洗い出来ていないことなどで毛穴つまりを起こしてニキビとなってしまうことが多いのです。

こうした背中ニキビを予防、改善するにはシャンプーなどの洗い残しをしないように気を付ける、できるだけ保湿剤を塗るようにする、肌に優しい素材のものを着るなどがあげられます。

背中ニキビはお風呂でできる?ごしごし洗い過ぎない

背中ニキビができてしまうことがあり、毛穴が詰まってしまうことで余計に増えてしまうことが目立ちます。清潔にしていても体質によってはできてしまうことがあり、間違った方法で対処するとさらに悪化してしまう可能性もあります。治す方法の中には毛穴を塞いでいる余計な皮脂を除去することが基本になるので、お風呂で強く洗ってしまう方も存在しています。ゴシゴシと強く洗うと菌が原因となっている症状では背中ニキビの範囲が広がってしまうというリスクもあります。そのため、できるだけソフトに洗う方法で用いる石鹸も刺激が強くないものを選択することが前提です。皮膚科などに行くと、その症状に合わせた薬が処方されることになるので、清潔さを保ちながら薬を併用すると意外と簡単に治すことができます。

ビタミン・ミネラルを摂取して背中ニキビを治そう!

背中ニキビはビタミンとミネラルの摂取によって対処することもできます。具体的には肌の再生の活性化を促すためにビタミンCを摂取することが良いでしょう。ビタミンCが大量に含まれている食材としてレモンが有名ですが、より肌の再生を促すためにはベータカロテンを含んだ人参も摂取することがおすすめできます。ただし、ビタミンCを摂取したいからと言って、背中に直接輪切りにしたレモンをパックにすることは避けたほうが良いでしょう。レモンには光毒性が含まれているので直接肌に塗ると、紫外線でやけどしてしまう恐れがあります。もちろんビタミンだけでなく体内の毒素を排出するカリウムも重要です。背中ニキビには毒素が溜まっているのでカリウムで排出を促しましょう。