背中のニキビを治したい!その原因と治し方とは

背中ニキビと普通のニキビの違いとは

背中ニキビと言われる体にできるニキビは顔にできるものとは原因菌に違いがあり背中ニキビの原因はカビになります。顔にできるものはアクネ菌で背中など体にできるものはマラセチア菌や黄色ブドウ球菌が原因となるのです。

アクネ菌はかおに顔に多く生息しているのですが、一方マラセチア菌は体に多く存在して脂を好む真菌いわゆるカビになります。背中ニキビができるのはマラセチア菌が毛根を保護して毛が伸びる通路となっている毛包内で炎症を起こしてニキビが発生するのです。

毛包炎は一旦なると自然治癒することはないと言われていて、皮脂を好むということで皮脂分泌が増える春から夏にかけて悪化します。背中ニキビと一般的なニキビでは原因が違うことからケアも異なるのです。

背中ニキビの原因

ニキビは顔にできる吹き出物であるという事はよく知られている上に、顔以外にも発症する症例は稀有ではないと捉えられていますが、実際には顔にできるニキビと背中ニキビでは発症する原因に違いがあります。

顔にニキビが発症する場合にはアクネ菌という細菌が影響を及ぼしているのですが、背中ニキビは真菌が影響しているため背中ニキビが発症する原因はカビであるという事になります。

原因が異なるという事は症状についても差異があり、背中ニキビをよく見てみると顔に発症する症例とは異なり、中央部に膿が蓄積している様子が見て取れます。

背中ニキビはカビである真菌が原因なので、顔のニキビとは違いそのままの状態で過ごしても完治を目指す事は難しいため、殺菌効果や抗菌効果がある専用品でケアする事が重要です。

背中ニキビのニキビ跡を治す方法

背中ニキビのニキビ跡を消す方法になりますが、まず原因を知らないといけません。

背中は脂漏性の毛穴が多く皮脂の分泌も活発なので菌が繁殖しやすく、身体を洗った時の石鹸のすすぎ残しなどにより、毛穴が詰まりニキビになりやすいです。

衣服や寝返りの際の摩擦による刺激によっても炎症がひどくなります。

赤みのあるニキビ跡の場合ですが、刺激でのダメージを修復させるために毛細血管が作られますから保湿や清潔にするなどすれば大丈夫です。

茶色のようにシミになっている場合は、刺激によるメラニンの色素沈着ですから肌のターンオーバーを促すことが大事であり、体質を改善していき時間経過によって薄くなります。

でこぼこのようなクレーターになっている自力で治すのが困難なのでクリニックや病院での治療が必要です。