背中ニキビを治す、おすすめクリームを厳選調査

自分で行う背中ニキビケア

背中ニキビに効くクリーム

背中ニキビは背中が乾燥することで発生します。乾燥してしまうと皮脂が必要以上に分泌されたり、刺激を受けて毛穴が詰まるということが起こります。そのためしっかりと保湿を徹底して乾燥すること防ぐことが大切です。

背中ニキビに有効なクリームは、殺菌することができる成分や炎症を抑えることができる成分が含まれているものが良いです。殺菌成分はグリチルリチン酸ジカリウムなど、抗炎症成分は塩化ベンザルコニウムなどが含まれているものが良いとされています。

背中ニキビローションも有効です。肌を傷めてしまう恐れがあるので、無香料や無着色、無添加などといったできるだけ刺激が少ないものがおすすめです。保湿する効果が高い成分が含まれているものも良いです。

そもそも背中ニキビができてしまうのはなぜ?

背中ニキビは顔のニキビとは異なり、マラセチア菌というカビの一種が原因で引き起こされます。具体的にはこのマラセチア菌が毛包内で炎症を起こすことで背中ニキビができますが、顔のニキビに比べるとそれほど痛みを伴わず大きく腫れるということも少ないです。

また、マラセチア菌の大きな特徴とし脂質を好むことが挙げられます。ですから皮脂腺が多く存在する背中は皮脂分泌が多く特に夏は菌が増殖しやすい環境にあると言えます。

なお、脂質の元となるのは皮脂だけではありません。シャンプーやリンスなどオイルが含まれたものもマラセチア菌を増殖させる原因になります。そのため、シャンプーやリンスをした後は髪だけでなく、洗い残しがないよう背中もしっかり流すことが大切です。